×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学資保険 返戻率

学資保険は貯蓄型?保証型?

あなたの学資保険を入るときの目的を考えてみてください。

学資保険を本来の子供の教育資金の積み立てと考えているならば、貯蓄型の学資保険に入るのがいいでしょう。

貯蓄型の学資保険とは、医療保障や死亡保障のついていない、シンプルな保障内容の学資保険です。最近では、医療保障などはほかの生命保険などで、サポートしているので、貯蓄型の学資保険に入る方のほうが多いです。

また医療保障や死亡保障などの保障が充実している保険がいいとお考えなら、保証型の学資保険がいいでしょう。この保障内容は保険会社によって、細かく変わってきますので、そっかり確認することが大切です。

近年人気のソニー生命、アフラック、アリコなどの学資保険は貯蓄型で、返戻率が高いということが人気の理由です。この返戻率について説明していきます。

学資保険の返戻率

子供の教育資金の貯蓄と学資保険を考えるなら、その保険の返戻率をしっかり調べておくことが大切です。

今、一番返戻率が高いのは、ソニー生命の学資保険です。次にアフラックの学資保険となります。これを受けて、たいていの比較サイトでもソニー生命、アフラックの学資保険は必ず上位にあります。返戻率とは、簡単に言うと支払った保険料の総額よりも、受け取る保険金額、これは満期保険料とお祝い金を足した金額のことですが、高いということです。これは育英年金などの特約を付けると、当然返戻率は下がります。

少し前までは学資保険というとゆうちょの学資保険とイメージも強かったのですが、ゆうちょの学資保険の返戻率は、90%~102%とといわれてます。そこで、貯蓄を目的とするかたにはゆうちょの学資保険から、ソニーの学資保険に変えている人も最近は多いそうです。

でも保障内容を考えると、ゆうちょの返戻率もそんなに悪くはないと思います。特に育英年金付きの保障プランですと、返戻率が97.26%と他社がほとんど、80%代ですから、高いといえるんではないでしょうか?

返戻率は時期によって変わるものですし、正確なものはやはり自分の保険内容で計算してみてください。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?